トマトの育て方を知って自家菜園を始める方法

夏野菜を育てよう

夏は毎日が暑く、体力が奪われる時期でもあります。体にミネラル分を補うことで熱中症や脱水症状を防ぐこともできます。こんな時におすすめしたいのが「夏野菜」です。育てやすく毎日新鮮な野菜を食べることができます。アパートやマンションのベランダで簡単に育てることができますよ。

夏野菜で人気のトマトの育て方~疑問解消でラクチン菜園~

家族

家庭菜園でトマトを育てる人が多いワケ

家庭菜園でトマトを育てる方が多い理由の一つに「育てやすさ」が挙げられます。病気の心配も少なく、わき芽をかくなど適度な御世話を続けるだけで毎日トマトが収穫できるメリットがあります。水やりの頻度も少なく、家に不在がちな方でも育てやすいとされています。ほかにも、畑だけではなくベランダ菜園でも育てやすいことも理由として挙げられます。少し大きめのプランターと野菜専用の培養土を準備するだけで、ぐんぐん育ちますのでマンション・アパート住まいの方でも無理なく家庭菜園を始めることができます。小学校の教材でトマトの育成を試みることも多く、親子でトマトの成長を楽しめる良さも生まれます。トマトの苗はとても安価で入手可能です。先述のとおり育てやすく、多くの結実が期待できるため、家計の安定にも一役買います。

トマトの苗を植えよう

春先になると、ホームセンターやスーパーの軒先にトマトの苗が並びます。1苗数百円程度と安価で購入できるため、複数本購入すると良いでしょう。ミニトマトや一般的な大きさのトマト、今では、ミディトマト等と呼ばれる「中玉トマト」もありますので、自分の家で毎日食べやすい大きさを選んだり、複数の種類のトマトの苗を選んだりすると良いでしょう。育て方に不安を持つ方も見られますが、特別な肥料や道具はほぼ必要ありません。日当たりの良い場所を選んで定植するだけですので、家庭菜園ビギナーでも安心して育て始めることができます。水やりのタイミングも1日に1~2回、たっぷりと与えるだけです。とても気軽に始めることができるため、おすすめです。

トマトを育てるにあたって必要なアイテム

トマトを育てるにあたって、必要なアイテムという物は特段ありません。野菜育成用の深さがあるプランターに野菜専用の培養土と、トマトの苗があれば育て始めることができます。ミニトマトなどを育てる場合は、倒伏防止用の支柱を準備すると良いかもしれませんね。後は、日当たりの良い場所を確保し、水やりを適度に行うだけです。ベランダ菜園など、日当たりが悪い場所で植木鉢などを使ってトマトを育てている場合は、栄養不足に陥ることがあります。光合成が十分ではないと感じた時には、月に1~2度程度の頻度で野菜用の液体肥料を水で希釈して水やり時に土に掛けると良いでしょう。野菜の中では育て方も難しくないので、気負わずにチャレンジしてみましょう。

トマトの病気について

トマトは育てやすいのですが、病気にかかるリスクもあることを覚えておきましょう。一番リスクが高いのは「疫病(えきびょう)」です。水はけの悪い場所でトマトを育て、土中のカビ菌がトマトの葉などにつくことで感染する病気です。トマトにのみ付く疫病もあるため、長梅雨の時期には注意が必要です。アブラムシが媒介する「モザイク病」は葉枯れが特徴的です。また、白いカビが葉を覆う「うどんこ病」は他の作物から伝染する可能性もあります。いずれの病気も、防除する方法がありますし、ごく初期の状態であれば、病変があった部位を切り取ることで治療可能です。また、トマトに適した農薬をかけることで対処が可能です。毎日状態をチェックして病気に負けない苗づくりを続けましょう。

[PR]
トマトの育て方が知りたい
特長や水やりの情報を確認

家庭菜園をしている人から寄せられた質問

トマトの育て方にコツはありますか

トマトは収穫量が見込めるため、コツが必要じゃないのかと不安に思われる方も多いのですが、そんなことはありません。トマトは、小学生の授業でも自然科学に関する教材としても用いられます。各々がトマトを苗から育て成長を楽しめるため、難しく考えなくとも構いません。

トマトに育てやすい品種はありますか

水はけの良い土地と日当たりを確保できれば、どんな品種でもトマトは元気に育ちます。たくさんトマトを収穫したい、という場合はミニトマトを育てると良いでしょう。毎日のようにたくさん収穫が見込めますし、食べきれない時でもピクルスやドライトマトなどさまざまな加工が可能です。

トマトの施肥に適切な肥料は?

トマトには基本施肥は不要です。ただし、栄養不足の状態になると、病気にかかりやすくなりますし、栄養分が多ければ「ツルボケ」と呼ばれる枝葉ばかりが茂ってしまう結果に陥ります。窒素・リン酸・カリ+カルシウム配合のトマト専用肥料を準備しておきましょう。

トマトは連作ができますか

トマトは連作障害がおこりやすい野菜です。そのため同じ場所で育てた後は数年間休ませる必要があります。ナス科の植物は連作がNGと覚えましょう。ただし、連作障害の予防策があります。区画を変えて栽培をする、同じ土を使い回ししない、バジルと一緒に育てるなどの対策をおすすめします。

家庭菜園初心者向けの野菜

家庭菜園初心者向けの野菜としておすすめしたいのが、トマトやピーマン、なすなどの夏野菜です。特に、トマトは毎日収穫が見込めますし、なすは日にちをずらして抵触することで、秋まで長い時間収穫が見込めます。病気にかかりにくく育てやすいのでおすすめです。

家庭菜園を楽しんでいる人からの口コミ

朝、早起きできます

水やりや作物の様子を観察するために、朝早起きできるようになりました。脇芽を摘んだり、除草したり、毎日が家庭菜園中心の生活に変わりました。もう少しで収穫期を迎えるので楽しみです。

子供の野菜嫌いが治りました

子供と一緒にトマトの育て方に関する本を見ながら育てました。子供もトマトが育つプロセスが面白く感じたようで、自分で育てたトマトを食べてくれるようになりました。野菜嫌いも治りつつあります。

家庭菜園仲間が増えました

高齢者クラブでも、家庭菜園を始めた方が増えています。育て方に関しては先輩にお知恵を拝借し、自宅でも家庭菜園を続けられるようになりました。今ではおすそわけができるほど収量が増え、年金暮らしなので家計も大助かりです。

広告募集中