プチトマトや大玉トマトの育て方を知って収穫を楽しもう

サイズで味と育て方が異なるトマト【美味しい食べ方もチェック】

美味しいトマトの食べ方

育て方を守ると、大きくて赤く味が濃いトマトが実ります。おいしいトマトの食べ方は、そのまま生で丸かじりすることです。トマトと豚肉を卵でとじて炒め物にしても良いですし、ミニトマトはピクルスやドライトマトにすることも良いでしょう。

ミニトマトとトマトの違い

栄養価が高いミニトマト

ミニトマトは直径3~4センチほどの球体の小さなトマトです。ミニトマトはリコピンやミネラル・ビタミン等の含有量が多く、栄養価が高いことで知られています。収量が多いところも違いの一つです。

甘みと酸味のバランスが良いトマト

トマトは直径10cm程度の大きさに実ります。味はトマトの方が良く、甘みと酸味のバランスが整っているメリットがあります。また、加熱調理にも向いている点ではトマトの方が勝っています。

プチトマトや大玉トマトの育て方を知って収穫を楽しもう

園芸用品

美味しいの評判の品種

トマトの中でおいしいと評判なのは、桃太郎トマトです。肉厚があり、果実にもしっかりとした硬さがあるため「食べやすい」ことで知られています。また糖度も6度以上と甘みがあるため、トマトに苦手意識を持っている方でも食べやすい品種とされています。桃太郎トマトは、ロングセラー品種として多くの方に愛されているトマトの王様とも言えます。生食はもちろんのこと、加熱調理による身崩れがしにくいことも人気の一つだといえるでしょう。

苗

プチトマトの育て方のポイント

プチトマトは、寒さに弱いという欠点があります。昼間は25度前後、夜間でも16度前後の気温を保てる場所で育てます。家庭菜園の場合は、寒暖差に応じて家の中で育てることも考えましょう。また、日差しも必要です。プチトマトは日の光を十分に当てることをおすすめします。気温・日差しに気をつければ十分に育ちますが、30度以上の気温や直射日光が厳しい場所では逆に育ちにくくなってしまいます。夏場の畑作では、覆いを適宜かける等の対策も講じましょう。

苗

プチトマト栽培に適した環境について

プチトマト栽培を行う場合は、日差しが十分にあたる場所を選びます。土が温められ、葉全体に日が当たりやすいことが理想ですので、日中に気温が変化しにくい日当たりが良い場所だと良いですね。また、地植え・プランター栽培に関わらず水はけのよい場所を選ぶことが大切です。プランター栽培の場合は、バーミキュライトや軽石などを鉢底に入れて水はけの度合いを高めることも検討しましょう。この環境さえ整えば、十分に育っていきます。

育てやすいトマトの品種3選

植物

大玉トマトの王様・桃太郎

甘みと酸味のバランスが取れた大玉品種。環境さえ整えるとしっかりと結実します。熟しても実が崩れないため、収穫時期を若干見誤っても実を無駄にすることなく収穫可能です。

イタリアントマト・シシリアンルージュ

ラグビーボールのような細長い形をしたミニトマトです。濃厚な味はイタリアのトマトをほうふつとさせます。加熱調理にも適している品種ですので、豊作の時は冷凍保存等もお勧めです。

育てやすさは一番のアイコ

ミニトマトの一種で、一般的なトマトと比べてもリコピンの含有量が2倍近くある万能選手です。果肉が厚く、調理にも最適。育てやすい品種であるため、多くの家庭菜園愛好者が育てています。

広告募集中